読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故事成語 私的メモ

李下(りか)に冠(かんむり)を正さず

スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》

人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるということのたとえ。(大辞泉)