読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

債権の発生原因

私的メモ
1契約(別掲予定)
2事務管理
3不当利得
4不法行為(別掲予定)

A事務管理、義務はないが行為で他人の事務を処理し、その他人の意思と利益に適合すれば債権関係が生ずる。
典型は旅行中に隣家で発生した洪水による屋根欠損の修理など。

B不当利得、善意(民703)現存利益に範囲で返還義務。悪意(民704)受けた利益の全部と利息を付して返還義務の二つがある。
悪意の場合責任が大きい。

期限前弁済(民706)
他人の債務の弁済(民707)