読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々の更新

約2年ぶりにブログを更新する。
この間は、色々あった。

仕事は部署が変わって続けています。何だかんだで、残業代も100パーセント支給されて、1日7時間労働。賞与年2回、暑気払いと忘年会で食べ放題のビュッフェがついてるから、労働環境は悪くない。だからこんな自分でも続けてこれたんだと思う。

残念なのは、代表が高齢のため認知症気味で方針がコロコロ変わって、古参従業員やキーマンが続々と退職。

崩壊の足音がゆっくり聞こえる。転職はとってもリスクだし、可能であればしたくない。

しかしながら、転職寿命もあるから始めたいと思う。まぁ、業種の性質上、事業承継は困難だし、退職金、住宅手当及び家族手当なしだから長くは勤められないだろうと覚悟してました。

次に、更新の間の1番の出来事といえば、2016年5月の母親の死だ。2014年4月に大腸がんがステージ3bで発覚。発覚の数ヶ月前、初診でみた町医者がヤブで便がでない(でにくい)と母親が診察に訪れるがろくな検査をせず、下剤を処方しておわり。

その後、大腸狭窄でお腹が膨れ上がり、救急車で初診の町医者のところへ搬送。診断の結果大腸がんだったわけだ。

町医者が東大の医局でそこで手術をすることとなった。大腸がんステージ3bでも5年後生存率は60パーセント(大腸がん治療ガイドライン引用)だから正直、甘くみていた。

開腹手術、陽子線、抗ガン剤、色々やったけど治療の甲斐なく発覚から2年で亡くなったのは残念でならない。運が悪く残りの40パーセントに当たってしまったのだ。

家族の方針として、告知することにしたが、今でも正しかったのかわからない。1番かわいそうだったのは銀行やカードの解約など死に向けて本人に終活させたこと。

母親の死は私の人生に大きな節目となった。このことは忘れられないだろう。

最後に、忘れない限りブログ更新のちょこちょこしていきたいと思います。