読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危篤

雑感

昨年暮れに愛猫に癌が発覚。骨と皮になっていく様を見続けるのは苦行だった。

今夜その猫が危篤に。横たわりピクリとも動かず眼を開けたまま。微かに動く心臓で生きているのを確認する。

その猫の身体をさすってやるとほとんどなくなった筋肉で「にゃあにゃあ」と動きだす様子をみたら。眼から汗が‥。

数年振りに涙腺を使った。詰まってなかったんだなと実感。