電車

目の前の短髪で爽やかそうなサラリーマンが、SOS団ロゴのキーホルダーをブリーフケースにしていてげんなり。

そして、それが何のキーホルダーがわかってしまう自分にもっとげんなり。哀感。